むくみによるぽっちゃりは体内の栄養バランスの崩れが原因

むくみによるぽっちゃりは体内の栄養バランスの崩れが原因です。むくみ解消食材を摂ることで余分な水分が排泄されてスラっとした体型に

糖質を摂っても急激な血糖値の上昇を防げばダイエットできる

   

糖質制限はダイエットとして定着していますよね。カロリーを気にせず、糖質を控えればお腹いっぱい食べてよいので、試した方もいるのではないでしょうか。しかし、ご飯やパンなどの主食を食べられない糖質制限は、ご飯などが好きな方は続けるのが難しいです。

でも、糖質の摂り方に気をつければ、ご飯やパンを食べながらでもダイエットできます。そもそも、どうして糖質を制限することでやせるのでしょうか。糖質を摂ると血糖値が上昇します。すると、糖を取り込むインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンには脂肪をため込む働きがあり、血糖値が高くなりインスリンが大量に分泌されると、脂肪がたまってしまうのです。糖質を制限することで血糖値の上昇が抑制され、インスリンの分泌も減るので、脂肪がたまりにくくなります。糖質を摂っても急激な血糖値の上昇を防げばダイエットできます。

では、どのように食べればいいのでしょうか。急いで食べると血糖値が急激に上昇します。一口30回以上よく噛んで食べれば糖の吸収が穏やかになり、インスリンの分泌を抑制できます。柔らかいパンや白米をたくさん噛んで食べるのは難しいので、やや硬めのフランスパンや玄米や雑穀ご飯を食べるとよいでしょう。食物繊維と一緒に摂ることでも血糖値の上昇を抑制できます。

食事の初めに野菜や海藻など食物繊維が多い食品を摂ることで、血糖値の上昇が抑制されます。全粒粉のパンや玄米など未精製の穀物にも食物繊維が豊富に含まれています。忙しい朝はパンにジャムを塗ったものやシリアルなどササッと食事を済ませられるものになりがちです。パンとジャムは糖質の組み合わせ、シリアルは糖質を豊富に含んでいます。こういった糖質の組み合わせは避けましょう。

パンを食べるなら目玉焼きやゆで卵などをプラスする、ご飯なら納豆や卵かけご飯にするなど、タンパク質を摂るようにします。タンパク質を摂ることで、血糖値の上昇が抑制されます。

糖質制限を意識しながら酵素ダイエットをするとさらに効果は増すと思います。お嬢様酵素を購入したら炭水化物も控えることをおすすめします。

 - 制限