むくみによるぽっちゃりは体内の栄養バランスの崩れが原因

むくみによるぽっちゃりは体内の栄養バランスの崩れが原因です。むくみ解消食材を摂ることで余分な水分が排泄されてスラっとした体型に

一週間を一つの単位にして実践をする2:5ダイエット

   

ダイエットの基本は食事制限と適度な運動になります。

特にダイエットの初期の段階は、体が重いため運動をするのが億劫だという人も多いでしょう。また無理に運動を始めてもケガをする恐れがあります。そこでダイエットがある程度成果を見せるまでは、食事制限中心のダイエットを心掛けるようにしましょう。食事制限はカロリー制限や糖質制限ダイエット、置き換えダイエットなどの様々な方法があります。最近注目を浴びているダイエット法に「2:5ダイエット」があります。これは一週間を一つの単位にして実践をするダイエット法で、数字は一週間のうちの日数を表しています。

「2がプチ断食の日」、「5が普通の食事」と覚えてください。2のプチ断食の日にカロリー制限を行い、残りの5日でキープ、次の2のプチ断食で体重を減らす…の繰り返しが2:5ダイエットです。このダイエットの胆は2のプチ断食の方法です。

基本的な考えとして、「普段の食事の4分の1のカロリー内に制限する」と覚えてください。普段2000kcalほど食事をしている人は、その4分の1の500kcalがプチ断食日のカロリー摂取の上限となります。500kcalというと、ミニ牛丼、ハンバーガー程度は食べられます。しかし一日一食でこのようなファストフードに近い食事のみで過ごすのは至難の業でしょう。プチ断食の日の食事のコツは低カロリーで栄養価が高く、しかもパンチがある食事を選ぶことです。

おすすめなのが、豆製品の「納豆」「豆腐」、乳製品の「チーズ」です。特に納豆とチーズは、タンパク質の含有量が多いため、栄養が豊富で、その割に低カロリーです。しかも味にパンチがあります。納豆一パックは100g程度、6pサイズに切り分けられたチーズはそれ以下のカロリーですので、単純に納豆なら5パックを食べることができます。かなり腹にたまる量です。また栄養価が高いと、食事量が少なくても腹が好きにくいと言うメリットがあります。

ファストフードはカロリーが高い割に腹がすぐ減ってしまいますが、栄養価が低いのが原因です。人間は必要な栄養さえ入ってくれば満足し、お腹を空かせて「危険信号」を送る必要がないのです。

このように、プチ断食の日を何度か過ごすと、胃腸が少食に慣れてきます。5日間の普通の食事の量も自然と抑えられていくでしょう。こうしていつの間にか太りにくい食事習慣を身につくことが出来るのです。リバウンドが起こりにくいダイエット方法ですのでおすすめします。

 - 制限