むくみによるぽっちゃりは体内の栄養バランスの崩れが原因

むくみによるぽっちゃりは体内の栄養バランスの崩れが原因です。むくみ解消食材を摂ることで余分な水分が排泄されてスラっとした体型に

ストレスは排便と非常に密接な関係がある

   

便秘の原因には様々なものがありますが、まず真っ先に思い当たるのが「食生活」と「生活習慣」が一般的であると言えます。

ですが、便秘はそのような「便秘になると予想出来る明確な理由」以外に、精神的な要素によっても引き起こされるのです。

その代表的なもので「ストレス」があります。実はこのストレス、排便と非常に密接な関係があるのです。

以降でストレスと便秘の関連性や、便秘を引き起こすメカニズムについて詳細を記述しますので、参考にして下さい。

排便のメカニズム

まず便とは、食物が口から体内に入った際に、胃を通り十二指腸、大腸を経由して直腸、肛門から体外に排泄されます。
便秘は上記の経路の内「大腸」で引き起こされるケースが大半なのですが、これは食物が通過した際に大腸が起こす「蠕動運動」の影響が強いとされているのです。

では大腸の蠕動運動とは何かという部分ですが、これは大腸が収縮を繰り返して体内に入った食物を移動させ、且つ水分を吸収する運動を言います。

そして、蠕動運動は大腸だけではなく胃等の消化器官でも行われます。この運動により、口から体内に入った食物は直腸まで届き、便の排泄がなされるのです。

要は、ヒトの排便は蠕動運動により成立している訳で、これ失くして便が体外に排泄される事はないと考えてください。

排便は自律神経で行われる

なおこの運動、総括しているのが自律神経であるのをご存知ですか?そしてその自律神経の内、「副交感神経」により調節されています。
ですが、自律神経失調症という病気が一般的である事から、自律神経は環境の影響を受けやすく乱れやすいという特性があるのが容易に伺えるでしょう。

となると、その自律神経を乱れさせてしまう「環境」が気になると思います。ここまで読まれた方は、既に想像が出来るでしょう。
そうです。その環境とは、「食生活」や「生活習慣」、そして「ストレス」となるのです。

自律神経はストレスで乱れる

ヒトがストレスを受けた場合、交換神経が優位となるので副交感神経の活性は低下します。と言う事は、副交感神経で調節されている大腸の蠕動運動も適切な機能を維持出来ないようになるのです。

蠕動運動が鈍くなってしまうだけでなく、過剰に運動して痙攣を起こし(痙攣性便秘)、排便が困難になります。

悪化した場合は「過敏性腸症候群」なり、便秘だけでなく下痢も引き起こされ、正常な排便は期待出来なくなるでしょう。

このようにストレスは便秘の呼び水となり、如何にストレスを溜めないかが問われます。適宜ストレスを解消出来る環境に身を置き、積極的にストレスを発散して行きましょう。

 - 制限